早漏

早漏にストレスフリーが良い理由

投稿日:

責任感の強いあなたに起こりやすい障害とは?

情報量が増え、何もかもがスピーディーに処理されていく現代社会において、『ストレス』という言葉からはもう逃げることはできないでしょう。片づけても片づけても追い回されるのが今の一番の問題点です。特に40~50歳代になると社内では責任を問われる部署に配属されるでしょう。そういった中間管理職の方が陥りやすいのがストレス性の『男性版更年期障害』です。そうなると様々な精力減退を引き起こしてしまうので、EDや早漏などの疾患を誘発します。そうならないためにもストレスを溜め込まない生活が重要となります。

 ストレスの解消は運動・睡眠そして……

私たちは日常、様々なストレスにさらされています。例えばあるストレスを感じた時の話。「ストレスできつい、でも頑張らなければ」と思うと、大脳皮質から視床下部へ情報が伝わり、それが脳下垂体・副腎へとホルモンに乗って広がって行きます。すると副腎で作られたアドレナリンやコルチコイドなどのホルモンが、心臓や肝臓などに多く出回ることで呼吸を整えたり、糖代謝を良くするなどして身体の恒常性を保とうとします。

しかしこの機能が正常に働かなくなると、ホルモンバランスが崩れ、ストレスを背負い込んでしまう人になってしまいます。するとさらに心的負担が大きくなり、やがて自律神経にまで悪影響を及ぼします。ストレスを抱え込んでしまうと性生活はおろか、通常の生活すらままならなくなります。こうしたストレスをきっかけとして、男性が更年期を迎えると性欲が減少し、前立腺が肥大します。

ストレスを感じた時には男性ホルモンのテストステロンを精力剤から摂取することにより精力減退を改善することが出来ます。「ストレスの解消法が分からない、どうすればいいの?」という方は、気晴らしができる運動をするように心がけたり、交感神経を休めれるほどの深い眠りを意識してみたり、食生活の改善と精力剤・サプリメントと上手に付き合うようにしてください。こういった対処法でストレスを発散、精力増強に努めてみてはいかがでしょうか。

 

-早漏

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

早漏と前立腺疾患

男のシンボル、前立腺を守れ! 前立腺は直腸の前で膀胱の下にあり、尿道を取り囲むような形で存在しています。その役割は放尿と性のコントロールです。隣に位置している性のう腺とともに精液を作っているため、男性 …

no image

早漏を解決するためには【青少年編】

経験が少なくて我慢できない 若者にとって、早漏は物理的に仕方のないことと言えるでしょう。子供の時に飲めなかったものってたくさんありませんでしたか? 苦いお茶やコーヒー、法律で禁止されていますが、日本酒 …

no image

早漏防止にアルコールが役立つって本当ですか?

本当です。 本当ですが、あまりこの方法はお勧めできません。アルコールによる早漏防止とは、中枢神経を麻痺させて亀頭の感度を鈍くさせる方法です。なのでアルコールがその人に対して適量であるかが、このコントロ …

no image

なぜ早漏になるのか?【中高年編】

中高年の早漏は体内の異常事態から始まる 【早漏】という言葉でひと括りにするので世の男性陣は知らない人も多いと思いますが、実は青少年の早漏と中高年の早漏は全く異なる仕組みで起こっているのです。若者は基本 …

no image

早漏の原因はマスターベーションのしすぎって本当ですか?

インターネットの書き込みなどでよく見られるこの質問ですが、早漏とマスターベーションの関係は特に解明されているわけではありません。つまり因果関係はあまりないと言えるでしょう。しかし早漏の人がマスターベー …