早漏

早漏はホルモンバランスが崩れて起こる

投稿日:

早漏の原因はテストステロンの分泌量低下から

男性の更年期は早い人で40歳から始まり、45~50歳になるとその数はピークを迎えます。女性の場合と同様にホルモンのバランスが崩れることが最大の原因と考えられています。一言でホルモンと言ってもその種類や役割にはさまざまなものがあります。女性は卵巣ホルモンの「エストロゲン」が、そして男性は精巣ホルモンの「テストステロン」が更年期の症状に影響を与えるホルモンになります。

テストステロンの働きとは?

この精巣ホルモンのテストステロンを簡単に言うと、「男を形づくるホルモン」と言えます。性衝動を支配調整し、精力や身体の状態や毛深さなどの性的特徴に強い影響力を発揮します。また肉体のみならず精神面にもその作用は及び、闘志を剥き出しにする性格になるか、あるいは逆に弱気な性格になるか人生を大きく左右するホルモンとも定義できます。

もちろんこのテストステロンが多いほど精力的な人間ということになります。だからこのテストステロンの分泌量が低下すると仕事や私生活でのバイタリティーや精力が衰え、本来の実力を発揮できないタイプになってしまいます。中高年における、いわゆる「中途勃起」からくる早漏もこういった男性ホルモンの分泌加減からおきると言えるでしょう。

 

-早漏

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

早漏を解決するためには【中高年編】

最近急に早漏になってしまった 「近頃男としての自信が何だか感じなくなってきた」 「朝立ちが全くない無い日が続いている」 中高年になると様々な機能障害が発生します。高血圧や糖尿病になることがその前兆とい …

no image

更年期の早漏に個人差が起きる理由とは?

アレが減るから男らしさが無くなる 男の更年期はもちろん個人差があって、全ての人間が40歳代で起こるわけではありません。50歳代や60歳代でなる人もいれば、70歳代でもまだまだ現役バリバリという人がいる …

no image

早漏防止にアルコールが役立つって本当ですか?

本当です。 本当ですが、あまりこの方法はお勧めできません。アルコールによる早漏防止とは、中枢神経を麻痺させて亀頭の感度を鈍くさせる方法です。なのでアルコールがその人に対して適量であるかが、このコントロ …

no image

早漏と前立腺疾患

男のシンボル、前立腺を守れ! 前立腺は直腸の前で膀胱の下にあり、尿道を取り囲むような形で存在しています。その役割は放尿と性のコントロールです。隣に位置している性のう腺とともに精液を作っているため、男性 …

no image

早漏の敵はズバリ、男の更年期障害

更年期障害が勃起機能を鈍化させる あなたは男性の更年期障害が早漏を誘発するということを知っていましたか。そもそも女性特有の症状だと思っている人も多いはずですが、しかしそれは男性にも訪れるものなんです。 …