FAQ 早漏

早漏防止にアルコールが役立つって本当ですか?

投稿日:

本当です。

本当ですが、あまりこの方法はお勧めできません。アルコールによる早漏防止とは、中枢神経を麻痺させて亀頭の感度を鈍くさせる方法です。なのでアルコールがその人に対して適量であるかが、このコントロールの重要な要因となります。

しかしアルコール摂取の感じ方には個人差があるので、一概にお伝えするのは非常に困難です。大量にアルコールを摂取し過ぎ、ペニスに通じる神経が麻痺すると勃起さえしなくなってしまいます。ですからアルコール分が少量でも大量でもない、その中間の量でなければならないのです。

しかしこの方法を多投し、アルコールを飲むことが習慣になって、アルコール中毒にならないとも限りません。そうなれば楽しいセックスも当然できなくなってしまいます。またアルコールを利用して早漏が防止できるのは、亀頭が敏感すぎて早漏になるような場合のみです。男性ホルモンの分泌が少なくなるために起こる中高年の早漏の場合には全く効果は期待できません。

早漏を防止するためには『塗り薬』を使うという方法もあります。今は様々な種類のものがありますから試してみてください。しかしこちらも塗り過ぎには注意が必要です。皮膚体質により塗り過ぎると赤くなる場合もあります。後は『スクイズ・テクニック』です。

これは射精しそうになったら亀頭のカリにを指でしっかりと抑えて射精を我慢する方法です。これを毎週1回ずつ、半年から1年間続ければ射精をコントロールすることが可能になります。アルコールを利用するよりはこちらの方が健全と言えるのではないでしょうか。

-FAQ, 早漏

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

早漏と前立腺疾患

男のシンボル、前立腺を守れ! 前立腺は直腸の前で膀胱の下にあり、尿道を取り囲むような形で存在しています。その役割は放尿と性のコントロールです。隣に位置している性のう腺とともに精液を作っているため、男性 …

no image

若ハゲ男性の精力絶倫説って本当ですか?

いわゆる若ハゲ男性が精力的であるというのは、男性ホルモンの分泌量が多いからであるってことと関係しています。男性ホルモンは毛髪発育を抑制する働きがあるのでこのように言われていますが、それだけを根拠として …

no image

早漏になりやすい体型とは……

早漏は生活習慣病のスタート現象 早漏という症状はついつい下半身にだけクローズアップしてしまいがちですが、実はそうとは限りません。「勃起する」という行為自体が血液・血流・血管に関係するものなので、ほぼ全 …

no image

更年期の早漏に個人差が起きる理由とは?

アレが減るから男らしさが無くなる 男の更年期はもちろん個人差があって、全ての人間が40歳代で起こるわけではありません。50歳代や60歳代でなる人もいれば、70歳代でもまだまだ現役バリバリという人がいる …

no image

なぜ早漏になるのか?【青少年編】

若いうちの早漏は、意識の問題と経験不足から 「僕は早漏なので、女性とのセックスが何だか不安です」 「早く行ってしまうので、彼女を満足させることができない!」 世間的には小さい悩みでも、本人にとっては重 …