用語集

トンカットアリとは

投稿日:2013年9月25日 更新日:

トンカットアリとは、東南アジアのインドシナ、スマトラ、ボルネオなどの地域に原生しているニガキ科の植物です。別名「マレーシア人参」と呼ばれ、原住民のあいだでは古くから強壮剤として用いられています。韓国では朝鮮人参の約5倍の効果効能があるという研究結果もあり、精力剤やサプリメントとして注目されている成分です。

トンカットアリの木はゆっくりと時間をかけて成長します。幹が15cmになれば収穫時期だとされているのですが、そこまで成長するのに約10年もの歳月が掛かかります。また人工的に栽培することが難しく、流通しているものはすべて天然のトンカットアリになりますので、原産国のマレーシアではとても貴重なものとして扱われています。

含まれている成分には、生殖器の機能全体を向上させるアルギニンが豊富に含まれています。アルギニンは精力剤成分としては不可欠なものですので、原住民の方々が、強壮剤として利用してきた理由がわかります。

また脂肪をエネルギーに変える持久力系アミノ酸であるBCAA。疲労回復に効果のあるビタミンB1など、精力増進に効果のある成分も豊富です。その他、血圧を下げるカリウム。血糖値を正常に戻す働きのあるサポニン。抗マラリア作用のあるカッシノイドなども含有されています。

セインズマレーシア大学とシンガポール大学で行われたラットを使用した実験では、トンカットアリを与えたラットの方が、与えなかったラットに比べ、性行為の回数が増えたという結果が出ています。また勃起力に関しても、トンガットアリを与えたラットの方が確実に硬直率がアップしたと報告されています。したがって、トンカットアリは精力増強とあわせてED(勃起不全)の効果も期待できる理想的な精力剤成分です。

代表的な商品:ビガリス

-用語集
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シトルリンとは

シトルリンとはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、スイカをはじめゴーヤやきゅうりなどのウリ科の植物に多く含まれている成分です。 歴史としては1930年に日本でスイカから発見された成分ですが、長い間、 …

no image

ニンニクとは

ニンニクとは、アスパラガス目ネギ科ネギ属に分類される植物で、古くから滋養強壮に良いとされてきた食べ物です。紀元前3200年頃の古代エジプトでは、ピラミッド建設に従事した労働者が体力維持のためにニンニク …

no image

クラチャイダムとは

クラチャイダムとは、主にタイの熱帯地方で栽培されているショウガ科ケンベリア属の植物で、日本では黒ウコン・黒生姜とも呼ばれています。タイ政府厚生省からは数あるハーブの中からプロダクトチャンピオンにも選ば …

no image

遅漏とは

遅漏とは、ペニスを女性の腟内に挿入してから、射精するまでに長時間を要する場合、もしくは射精できない状態です。 早漏とは違い、性行為を長時間行えるということで、女性に対して長時間も快感を与えることができ …

no image

田七人参とは

田七人参(でんしちにんじん)とは、中国の雲南省の海抜1500mから2000mの限られた地域でしか採れないウコギ科の植物です。また収穫には種を撒いてから約3~7年もの歳月が掛かることから、別名「三七人参 …