用語集

ガラナとは

投稿日:2013年9月23日 更新日:

ガラナとは、南米に自生するムクロジ科ガラナ属のツル性の植物で、「アマゾンの秘法」とか「南米のバイアグラ」と呼ばれています。

原産地はブラジルのアマゾン川流域で、大きい物であれば、約12mもの高さまで育つものもあります。花は7~8月に咲き、果実は8mm程の大きさで赤い色をしています。この果実から種子を取り出して粉にしたものが、精力剤や強壮剤として使用されています。

ガラナの種子の主な成分は「ガラニン」という天然カフェインです。眠気覚ましによくコーヒーを飲んだりしますが、これはカフェインが脳を刺激して覚醒させる興奮作用があるからです。とくにガラナのカフェインは、コーヒーと比べて約3倍ものパワーがあるといわれていますので、リオのカーニバルなどの祭事には強精・催淫の目的で愛用されているほどです。

また、カフェインには脳の快楽物質であるドーパミンの分泌を促すことから、性に対しての喜びを倍増させる作用があります。これらの効果からガラナは精力剤成分の中でも、ある程度の即効性が期待できるとされています。

他にも、キサンチン、テトラメチルキサンチン、テオブロミン、テオフィリン、カテキン、サポニン、タンニン、ポリフェノールなどの有効成分が豊富に含まれています。効果効能をまとめると、精力増強、覚醒作用、疲労回復、スタミナ増強、むくみを改善、動脈硬化予防、利尿作用、鎮痛作用などがあります。

代表的な商品:ゼフェロン

-用語集
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トンカットアリとは

トンカットアリとは、東南アジアのインドシナ、スマトラ、ボルネオなどの地域に原生しているニガキ科の植物です。別名「マレーシア人参」と呼ばれ、原住民のあいだでは古くから強壮剤として用いられています。韓国で …

no image

田七人参とは

田七人参(でんしちにんじん)とは、中国の雲南省の海抜1500mから2000mの限られた地域でしか採れないウコギ科の植物です。また収穫には種を撒いてから約3~7年もの歳月が掛かることから、別名「三七人参 …

no image

スッポンとは

スッポンとはスッポン科キョウトクスッポン属に分類されるカメ科の一種で、一般的なカメと違い六角形のうろこがなく、甲羅が軟らかいのが特長です。 生息地は主に中国で、他にも台湾・韓国・北朝鮮・ロシア南東部・ …

no image

シトルリンとは

シトルリンとはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、スイカをはじめゴーヤやきゅうりなどのウリ科の植物に多く含まれている成分です。 歴史としては1930年に日本でスイカから発見された成分ですが、長い間、 …

no image

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、「エレクタイル・ディスファンクション」(Ereectile Dysfunction)の頭文字をとったもので、「精神的ストレス」や「器質的」な問題によって勃起力が衰え、セックスに問 …