用語集

クラチャイダムとは

投稿日:2013年9月20日 更新日:

クラチャイダムとは、主にタイの熱帯地方で栽培されているショウガ科ケンベリア属の植物で、日本では黒ウコン・黒生姜とも呼ばれています。タイ政府厚生省からは数あるハーブの中からプロダクトチャンピオンにも選ばれたとして、副作用のない安心安全な食品として認められています。

クラチャイダムの歴史は古く、タイでは約1000年前から民間薬として、関節が痛む時や体調不良時に煎じて愛飲されてきました。収穫の時期は年に1回。しかも限られた地域でしか育たない性質のため、タイでは植物自体の輸出を禁止しているほど貴重な植物として扱われていました。しかし最近では日本の沖縄県の一部で栽培に成功したこともあり、量産が可能になったとされ、クラチャイダムを含む精力剤やサプリメントが多数登場するようになりました。

クラチャイダムの特長としては、あの精力増強成分として知られる「マカ」よりも栄養素が豊富だということです。例えば精子を作る成分であるアルギニンはマカに比べ約2.6倍。スタミナや耐久力増進に効果のあるアスパラギン酸はマカの約2倍もの量が含有されています。その他、必須アミノ酸に関しても全てが「マカ」よりも豊富に含まれています。

また抗酸化成分である「ポリフェノール」や核酸の生成を助ける「葉酸」、生殖器官に欠かすことのできない「亜鉛」。そしてミネラル、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、鉄なども豊富に含まれているので、精力剤としては理想的な成分とされています。効果効能としては精力増進、勃起力の改善など、性に関する効果以外にもダイエット、アンチエイジング、美容、冷え症対策などがあります。

代表的な商品:クラチャイダムゴールド など

-用語集
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アルギニンとは

アルギニンとは、アミノ酸の1つで、1886年にルピナスという名前の豆科の植物の芽から発見された成分です。アルニギンは人間の体内で合成することができるため、必須アミノ酸には含まれていません。しかし手術・ …

no image

ガラナとは

ガラナとは、南米に自生するムクロジ科ガラナ属のツル性の植物で、「アマゾンの秘法」とか「南米のバイアグラ」と呼ばれています。 原産地はブラジルのアマゾン川流域で、大きい物であれば、約12mもの高さまで育 …

no image

ウツボとは

ウツボとは、ウナギ目ウツボ科に分類される魚で、大きい口や鋭い歯を持っていることから「海のギャング」と呼ばれています。 生息地は南日本太平洋沿岸の温暖な地域です。温暖な地域であれば比較的どこにでも見られ …

no image

トンカットアリとは

トンカットアリとは、東南アジアのインドシナ、スマトラ、ボルネオなどの地域に原生しているニガキ科の植物です。別名「マレーシア人参」と呼ばれ、原住民のあいだでは古くから強壮剤として用いられています。韓国で …

no image

スッポンとは

スッポンとはスッポン科キョウトクスッポン属に分類されるカメ科の一種で、一般的なカメと違い六角形のうろこがなく、甲羅が軟らかいのが特長です。 生息地は主に中国で、他にも台湾・韓国・北朝鮮・ロシア南東部・ …