用語集

マムシとは

投稿日:2013年9月17日 更新日:

マムシとはクサリヘビ科マムシ属に分類される毒ヘビの一種で、日本各地の水辺や草むら、土手、山地、森林などに生息しています。その中でも伊豆大島には体が赤くなる変異を持った「赤マムシ」なるものが存在し、マムシの中でも特に薬効が高いとされ、精力剤としては根強い人気があります。

もちろんマムシが精力剤として人気が出たのは今にはじまった事ではありません。その歴史は古く、中国では1500年も前から薬用として用いられたとの記録があります。また日本でもマムシを焼酎に浸けて薬酒として飲んだり、黒焼きにして食べたりと、民間薬として利用されてきた歴史が残されています。

効果効能としては、精力増強、血流促進、血圧降下、スタミナ増進、精神安定、生活習慣病予防などがあり、主な成分としては良質なたんぱく質が豊富に含まれています。つまりアルギニンをはじめ、9種類の必須アミノ酸を含むアミノ酸が、20種類以上も含有されているのです。

他にもカルシウムや鉄分、リン、タウロコール酸、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、葉酸、不飽和脂肪酸なども含んでいますので、精力剤としてマムシはとても優れている成分だということがわかります。

-用語集
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

田七人参とは

田七人参(でんしちにんじん)とは、中国の雲南省の海抜1500mから2000mの限られた地域でしか採れないウコギ科の植物です。また収穫には種を撒いてから約3~7年もの歳月が掛かることから、別名「三七人参 …

no image

アルギニンとは

アルギニンとは、アミノ酸の1つで、1886年にルピナスという名前の豆科の植物の芽から発見された成分です。アルニギンは人間の体内で合成することができるため、必須アミノ酸には含まれていません。しかし手術・ …

no image

マカとは

マカとは標高4000m前後のアンデス山脈で栽培されているアブラナ科の植物で、別名「アンデスのバイアグラ」「天然のバイアグラ」とも呼ばれています。天然由来の自然食品で副作用もなく精力剤の成分として大変人 …

no image

クラチャイダムとは

クラチャイダムとは、主にタイの熱帯地方で栽培されているショウガ科ケンベリア属の植物で、日本では黒ウコン・黒生姜とも呼ばれています。タイ政府厚生省からは数あるハーブの中からプロダクトチャンピオンにも選ば …

no image

ニンニクとは

ニンニクとは、アスパラガス目ネギ科ネギ属に分類される植物で、古くから滋養強壮に良いとされてきた食べ物です。紀元前3200年頃の古代エジプトでは、ピラミッド建設に従事した労働者が体力維持のためにニンニク …