用語集

アルギニンとは

投稿日:2013年9月16日 更新日:

アルギニンとは、アミノ酸の1つで、1886年にルピナスという名前の豆科の植物の芽から発見された成分です。アルニギンは人間の体内で合成することができるため、必須アミノ酸には含まれていません。しかし手術・けが・感染などの状況ではアルギニンが欠乏し、補給が必要になるので、条件付必須アミノ酸として数えられています。

効果効能としては、シトルリンと同じくNO(一酸化窒素)の生成能力を高め、血流の量を増やすことができるので勃起不全、動脈硬化、心筋梗塞などの予防を期待することができます。また成長ホルモンの分泌促進、筋肉強化、免疫力の向上、アンモニアの解毒効果などもアルギニンの代表的な効果です。

そんなアルギニンですが、実は男性生殖器を構成している細胞の80%はアルギニンで構成されていると言われています。なのでアルギニンが不足すると性機能は衰え、精子の数も少なくなってしまいますので、積極的に摂取していく必要があります。

そこで鶏肉や大豆、ナッツ類、高野豆腐、魚、乳製品などのアルギニンが豊富な食品から摂取することが考えられますが、普段の食事から摂取できる量は約4000mgとされており、WHO(世界保健機構)の定める1日の必要量6000mg~7000mg(体重50~60kgあたり)を満たすことができません。

そのため不足分を補うためには、アルギニンを含む精力剤やサプリメントが必要になります。もちろん100%これらに頼るのではなく、足らない部分を補うようにすることが大切です。

あと補足ですが、アルギニンはアルカリ性のため、過剰摂取すると弱酸性である消化器官に悪影響を及ぼしてしまいますので、アルカリ性を中和するクエン酸が含まれている精力剤やサプリメントを選ぶようにしましょう。

代表的な商品:L-アルギニン5000プラス

-用語集
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ニンニクとは

ニンニクとは、アスパラガス目ネギ科ネギ属に分類される植物で、古くから滋養強壮に良いとされてきた食べ物です。紀元前3200年頃の古代エジプトでは、ピラミッド建設に従事した労働者が体力維持のためにニンニク …

no image

遅漏とは

遅漏とは、ペニスを女性の腟内に挿入してから、射精するまでに長時間を要する場合、もしくは射精できない状態です。 早漏とは違い、性行為を長時間行えるということで、女性に対して長時間も快感を与えることができ …

no image

クラチャイダムとは

クラチャイダムとは、主にタイの熱帯地方で栽培されているショウガ科ケンベリア属の植物で、日本では黒ウコン・黒生姜とも呼ばれています。タイ政府厚生省からは数あるハーブの中からプロダクトチャンピオンにも選ば …

no image

マカとは

マカとは標高4000m前後のアンデス山脈で栽培されているアブラナ科の植物で、別名「アンデスのバイアグラ」「天然のバイアグラ」とも呼ばれています。天然由来の自然食品で副作用もなく精力剤の成分として大変人 …

no image

早漏とは

早漏とは、女性の膣内にペニスを挿入してから短時間で射精してしまう方のことです。セックスをするにあたって、早漏の方は非常に不利になります。女性よりも先にイってしまうということは、女性がエクスタシーを感じ …