ED

EDを治療すれば80歳でもセックスできる

投稿日:2013年9月8日 更新日:

ED(勃起不全)は高齢になればなるほど増える傾向にあります。年齢を重ねるごとに、体の至るところに様々な不調が出てくるのと同じです。目は老眼になり、腰痛や膝痛、高血圧、頻尿など、このように高齢になれば当たり前のように体は衰えてしまいます。

このように衰えた体を改善するためには治療が必要です。しかし、腰痛や頻尿などの治療は積極的に行うのに対し、ED(勃起不全)の治療となると、二の足を踏む人も多いようです。ED(勃起不全)は治る病気です。そのまま放置していると、どんどん症状は悪化していくので、高齢でもセックスを楽しみたいのであれば積極的に治療しなければなりません。

突然ですが、喜劇の王様「チャールズ・チャップリン(1889―1977)」をご存知でしょうか?

黒い口髭とフォーマル帽子、ステッキにドタ靴という独特のスタイルで世界的に一世風靡した映画俳優です。彼は映画俳優としてだけでなく、精力旺盛な男としても有名でした。彼は4回の離婚暦を持ち、元妻から「フェラチオの強要された」、「クンニリングスがしつこかった」など言われるほどです。

しかも、チャップリンが最後に作った子供は何と73歳です。年齢による精力の衰えをまったく感じさせません。このように高年齢でもセックスをすることは可能なのです。また、シカゴ大学老化研究センターでは75~85歳の40%近く男性が、定期的にセックスをしているといわれています。

このように高年齢でも精力旺盛な人はたくさんいてます。精力が衰えて仕方がない、ED(勃起不全)だから仕方がないと諦めている方は、本当にそれで良いのでしょうか?80歳になっても、若い女性とセックスできる方が良いはずです。

ED(勃起不全)は治る病気です。もし、自分がED(勃起不全)の傾向があると思ったら、すぐに行動しなければなりません。放っておくと症状はどんどん悪くなってしまいます。セックス時にはバイアグラなどに頼るということも考えられますが、薬の力で一時的に勃起させるだけの効果しかありません。

やはり、ED(勃起不全)を治すには、体の元から改善していく必要があります。また、効果的に且つ安全に治すにはアルギニンやシトルリンを含む精力剤を毎日服用することが良いのではないでしょうか。毎日の積み重ねが80歳でもセックスできる体を作るのです。

-ED

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「勃起のしくみ」ってどうなってるんですか?

あなたが若い頃は「勃起のしくみ」なんてこれっぽっちも考えたことは無かったでしょう。朝起きたら勃起し、夜寝る前にも勃起し、いつでも興奮状態にいたと思います。私も以前はそのようなタイプでした。しかしある時 …

no image

副交感神経を改善、それが最善の勃起法

精力維持は副交感神経から 若い時って何をしてもすぐに元気になりましたよね。少しぐらいキツイ運動をしても平気だったり、深夜まで遊んでいても翌日はスッキリ出勤出来たりと。でも30歳代を超えたあなたの体力や …

no image

EDは治療によって治る

ED(勃起不全)と聞くと、治らないとうイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、ED(勃起不全)は多くの場合、治療によって治ります。ED(勃起不全)の原因は、体に問題がある場合「器質性のED」と、 …

no image

糖尿病はあなたの精力の全てを奪う!

ズバリ脳からの信号が快感を呼び起こす 最近では「テレビで健康に関する番組を見ない日はない」と言っていいぐらい毎日のように各局で放送されています。生活習慣という言葉が世間を賑わすようになった昨今ですが、 …

no image

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、「エレクタイル・ディスファンクション」(Ereectile Dysfunction)の頭文字をとったもので、「精神的ストレス」や「器質的」な問題によって勃起力が衰え、セックスに問 …