ED

EDの初期症状は「朝立ち」をしなくなる

投稿日:

男性であれば誰でも「朝立ち」をした経験があると思います。「朝立ち」は名前の通り目覚めるときに起こる勃起現象です。しかし、寝ている間にも勃起を繰りかえしているのはご存知でしょうか。回数にして実に5~8回ほどです。 睡眠には深い眠りである「ノンレム睡眠」と浅い眠りである「レム睡眠」があります。この浅い眠りである「レム睡眠」に勃起を繰り返しているのです。

これを「夜間陰茎勃起現象」といい、その最後の勃起が「朝立ち」です。生まれた時から死ぬまで健康な男性であれば必ず起こる現象です。 このように「朝立ち」という現象は、その日の体調を計るためのバロメーターともいわれています。正常な状態であれば、立派に勃起し、健康であることを表しますが、ED(勃起不全)の場合、勃起する力が衰えているので、「朝立ち」をしないケースが増えるようです。つまり「朝立ち」しなくなるとED(勃起不全)である可能性を疑った方が良いかもしれません。

しかし「朝立ち」をしなかった日があるからといって、すぐにED(勃起不全)と決め付けるのは良くありません。たとえ精力が旺盛で正常に勃起する人でも、「朝立ち」しない場合があります。深い眠りである「ノンレム睡眠」は脳と身体が寝ている状態です。この時に目覚めると勃起していないことが多く、「朝立ち」していなくても問題はありません。 また、毎日健康的に「朝立ち」しているのに、セックスが上手くいかない場合があります。それは身体に問題があるわけではなく、メンタル面である可能性があります。その場合はパートナーと話し合って改善していくことが必要です。

-ED

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

糖尿病はあなたの精力の全てを奪う!

ズバリ脳からの信号が快感を呼び起こす 最近では「テレビで健康に関する番組を見ない日はない」と言っていいぐらい毎日のように各局で放送されています。生活習慣という言葉が世間を賑わすようになった昨今ですが、 …

no image

EDの治療で「脳卒中」「心筋梗塞」を予防

ED(勃起不全)はペニスの勃起力が弱くなったり、途中で萎えたりする症状です。原因としては動脈硬化です。脳が動脈が硬化すれば脳卒中、心臓の動脈が硬化すれば心筋梗塞、ペニスの動脈が硬化すればED(勃起不全 …

no image

無意識勃起を切手で確認する方法

あなたのEDは器質性?それとも心因性? 社会の様々なストレスで現代人は精神状態が不安定になってきています。会社での人間関係や家庭での家族との付き合い方。1人の人間が他人のために神経をすり減らす時間が非 …

no image

EDを治療すれば80歳でもセックスできる

ED(勃起不全)は高齢になればなるほど増える傾向にあります。年齢を重ねるごとに、体の至るところに様々な不調が出てくるのと同じです。目は老眼になり、腰痛や膝痛、高血圧、頻尿など、このように高齢になれば当 …

no image

自転車通勤で精力がダウンしてしまうとしたら……

エコ時代を追い風とする自転車ブーム 東北の大震災以降、【自転車】を使った移動が流行っています。特にあの時は電車バスなどの公共交通機関がストップし、電気が無いと如何に人間は無力であるかを思い知らされまし …