ED

EDとメタボリック症候群との関係

投稿日:

運動不足や生活習慣によって引き起こされるメタボリック症候群ですが、ED(勃起不全)と深く関係しているようです。 メタボリック症候群とは内臓脂肪が原因で高血糖、脂質異常、高血圧を引き起こすことをいいますが、これらの人はED(勃起不全)である可能性が高いといわれています。

その理由は、肥満体型が原因でED(勃起不全)を引き起こすのではなく、内臓脂肪によって生み出される「活性酸素」にあるそうです。 活性酸素は、抗酸化物質といわれる栄養素によって除去されるのですが、内臓脂肪によって過剰に発生すると、除去しきれず体内に残ります。

残っている活性酸素は「酸化ストレス」といわれ、そのまま放っておくと、血管や細胞を傷つけてしまいます。 勃起はペニスの海綿体に血液が流れ込むことで起こりますが、「酸化ストレス」によって傷つけられた血管は、動脈硬化を引き起こし、勃起に必要なNO(一酸化窒素)を十分に分泌することができなくなり、ED(勃起不全)を引き起こすのです。

海外での報告でも、メタボリック症候群の患者が増加すると、ED患者も増加するという事実が挙げられており、この二つの症状が密接な関係にあることがわかります。 つまり、メタボリック症候群を予防することによって、ED(勃起不全)の予防にも繋がるというわけです。食べ過ぎや運動不足、悪い生活習慣の積み重ねがメタボリック症候群の原因です。これからの性生活を存分に楽しむためにも、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

-ED

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

EDを治療すれば80歳でもセックスできる

ED(勃起不全)は高齢になればなるほど増える傾向にあります。年齢を重ねるごとに、体の至るところに様々な不調が出てくるのと同じです。目は老眼になり、腰痛や膝痛、高血圧、頻尿など、このように高齢になれば当 …

no image

EDは治療によって治る

ED(勃起不全)と聞くと、治らないとうイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、ED(勃起不全)は多くの場合、治療によって治ります。ED(勃起不全)の原因は、体に問題がある場合「器質性のED」と、 …

no image

自転車通勤で精力がダウンしてしまうとしたら……

エコ時代を追い風とする自転車ブーム 東北の大震災以降、【自転車】を使った移動が流行っています。特にあの時は電車バスなどの公共交通機関がストップし、電気が無いと如何に人間は無力であるかを思い知らされまし …

no image

簡単にEDを発見する方法

加齢臭でEDがわかるってホント!? ある程度の年齢になってくると臭ってくるのが『加齢臭』。 あなたも知っているこの独特の臭いは周囲に不快感を与え、自分の居心地を悪くしてしまう厄介な臭いです。 年齢を重 …

no image

副交感神経を改善、それが最善の勃起法

精力維持は副交感神経から 若い時って何をしてもすぐに元気になりましたよね。少しぐらいキツイ運動をしても平気だったり、深夜まで遊んでいても翌日はスッキリ出勤出来たりと。でも30歳代を超えたあなたの体力や …