ED

副交感神経を改善、それが最善の勃起法

投稿日:

精力維持は副交感神経から

若い時って何をしてもすぐに元気になりましたよね。少しぐらいキツイ運動をしても平気だったり、深夜まで遊んでいても翌日はスッキリ出勤出来たりと。でも30歳代を超えたあなたの体力や精神力は、だんだん衰えを増してきていませんか。それは自律神経のバランスが徐々に悪くなっているからなんです。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けることが出来ます。とりわけ精力に重要なのは副交感神経の働きです。20歳代はこの副交感神経のレベルを高く維持することが可能です。しかしそれ以上に注目すべきは「回復力」が高いということです。

男性は30歳を超えると、なぜかしら体力や精力の減退を感じ始めます。それは副交感神経のレベルが低くなって、回復も遅くなるからです。

副交感神経のレベルが低下する主な原因

  • 加齢(歳を取らない歳の取り方を考える)
  • 日内変動(同じ1日で自律神経の上下が激しい)
  • 食事の摂り方(とりわけ欧米食は精力減退の元です)
  • 運動の仕方(現代人は歩かない。それが問題です)
  • 睡眠時間(睡眠不足と浅い眠りに注意)
  • 疲労度(ストレスは都度都度発散すること)
  • 精神状態や環境(落ち着ける場所を常に確保する)

普段は実力のあるアスリートが、本番で調子にバラつきが出るのは、副交感神経のレベルが低下するからです。そんなプロアスリートでもコントロールしきれない副交感神経を、何気なく生きている一般人が意識するのは、ちょっと難しいですよね。

副交感神経のレベルが安定していると、海綿体内の平滑筋が緩み、血液が流れやすくなるのはもうあなたも知っているはずです。だから安定していない人のペニスは勃起しにくい身体になってしまっているのです。

レベルの高い副交感神経がペニスを充血させる

いつまでも若々しい身体を保つ努力を怠らない人がいます。それは歌手の郷ひろみさんです。彼は副交感神経をバランス良く保つことに長けています。現在50代後半の郷さんの血管年齢は、20代後半と言われています。

若くいる秘訣は筋肉トレーニングだけではありません。筋肉の力を結果に結びつけるためには、筋力を動かす神経や筋肉にえいようを供給している血管などを適切な状態にコントロールすることが大切です。そう、それをコントロールしているのが副交感神経なのです。

加齢とともに動きが鈍くなりつつあるペニスを勃起させるために必要なことは、気合いではなくリラックスです。今ある生活のちょっとした変革であなたのEDもおのずと復調の兆しを見せてくれるのではないでしょうか。

-ED

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、「エレクタイル・ディスファンクション」(Ereectile Dysfunction)の頭文字をとったもので、「精神的ストレス」や「器質的」な問題によって勃起力が衰え、セックスに問 …

no image

EDを治療すれば80歳でもセックスできる

ED(勃起不全)は高齢になればなるほど増える傾向にあります。年齢を重ねるごとに、体の至るところに様々な不調が出てくるのと同じです。目は老眼になり、腰痛や膝痛、高血圧、頻尿など、このように高齢になれば当 …

no image

EDの治療で「脳卒中」「心筋梗塞」を予防

ED(勃起不全)はペニスの勃起力が弱くなったり、途中で萎えたりする症状です。原因としては動脈硬化です。脳が動脈が硬化すれば脳卒中、心臓の動脈が硬化すれば心筋梗塞、ペニスの動脈が硬化すればED(勃起不全 …

no image

簡単にEDを発見する方法

加齢臭でEDがわかるってホント!? ある程度の年齢になってくると臭ってくるのが『加齢臭』。 あなたも知っているこの独特の臭いは周囲に不快感を与え、自分の居心地を悪くしてしまう厄介な臭いです。 年齢を重 …

no image

EDの初期症状は「朝立ち」をしなくなる

男性であれば誰でも「朝立ち」をした経験があると思います。「朝立ち」は名前の通り目覚めるときに起こる勃起現象です。しかし、寝ている間にも勃起を繰りかえしているのはご存知でしょうか。回数にして実に5~8回 …