遅漏

遅漏の克服 《射精のコントロール》

投稿日:

今回から数回に渡って、遅漏の克服をテーマに話を進めていきたいと思います。

実はこの遅漏の克服というものは非常に難しく、薬や病気によるものは専門の医師に頼る必要がありますし、メイルレイプや性的虐待によるものは専門医のカウンセリングが必要になります。

しかし、全体を見ると、深刻なものだけではなく、自分で克服が可能な軽度のものも多く見られます。

これから上げさせていただくものは、比較的軽度のものを克服する方法です。

もちろん、重度の方にもまったく効果がない訳ではないので、参考になるものがあれば実践してみて損はないと思います。

では、今回は射精のコントロールについてお話していきたいと思います。

 

①マスターベーションの仕方を変える

遅漏の原因で話しましたが、強い刺激を与えるマスターベーションの仕方はよくありません。

ローションなどを使うことで、ソフトな刺激で射精できるようにしていきましょう。

膣内は非常に柔らかいものですので、絶対に強く握るなどの強い刺激を与えないように気を付けてください。

 

②マスターベーションをしない

マスターベーションをしないことには二つの理由があります。

一つは精液を長期間溜めることにより、射精しやすい状況を作るということ。

もう一つはペニスへの刺激を長期間行わないことによって、ペニスを刺激に弱くするということ。

人によって期間は違ってくると思われますが、1週間~2週間程の期間がよいでしょう。

 

③マスターベーションを射精寸前で止める

SEXをするタイミングが決まっている場合。

例えば、ラブホテルに入って相手がシャワーを浴びている時や不妊治療でタイミング療法を実践している時などは、その後に必ずSEXをすることがわかっていますので、この方法が効果的です。

マスターベーションをし、射精感を感じた時点で中止するということです。

ある意味では簡単なことなのですが、気を付けていただきたいことがあります。

この方法をとった場合、一度勃起状態ではなくなります。そうすると、いざSEXとなった時に勃起しない可能性があるのです。

そういうことが起きないように、精力剤を使うことで何度も勃起できるような状態を作っておくのをお勧めします。

 

次回は、もっと精神的な部分での克服法を勉強していきたいと思います。

-遅漏

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

遅漏の勉強

遅漏の定義とは、挿入後、射精までの時間が極端に長いことです。さらに挿入しても射精までいたらない場合は膣内射精障害と言います。 では、どれぐらいからが遅漏なのでしょう。 辞典などにも載っている有名な計測 …

no image

女性側から見た遅漏

前回、男性は勘違いに陥りやすく、女性側から見れば、まったく状況は違うのであるということを言いました。 今回は、女性側から見た遅漏を勉強していきたいと思います。 著者もみなさんと全く同じで、長くSEX出 …

no image

遅漏の原因 《精神的な原因によるもの》

遅漏の原因として最後に紹介するのが、精神的な原因によるものです。 この精神的なもの、かなり色々なパターンがあります。 以下ではその中でも、わかりやすいものを紹介したいと思います。   ①メイ …

no image

遅漏の原因 《身体的な原因によるもの》

前回から引き続き、遅漏の原因について勉強していきたいと思います。 今回は身体的な原因ということですが、生来のものではありませんのでご安心ください。 要するに、マスターベーションによる快感の減退の話です …

no image

遅漏の原因 《病気によるもの》

前回も予告したように、今回から遅漏の知識を深くしていきましょう。 ということで、今回は、遅漏の原因、その中でも病気によって起こる遅漏について解説していきたいと思います。 遅漏は原因があるということを理 …