基礎知識

精力剤の種類

投稿日:

精力剤は、主に性機能増強という目的で作られています。この精力剤の種類を大きく分けると、「強精剤(性ホルモン剤)」「強壮剤( 漢方系滋養強壮剤)」「勃起剤(主にヨヒンビン製剤)」の3つに分けることができます。

強精剤(性ホルモン剤)

強精剤とは、男性ホルモンを主成分とした精力剤です。精力減退の原因である男性ホルモン分泌を補うためのもので、精力増強にとって必要な成分です。

しかし、医薬品であるがゆえ、副作用に気をつけなければいけません。主成分が男性ホルモンなので、取りすぎるとホルモンバランスが崩れ、「ヒゲが濃くなったり」「筋肉質になったり」、前立腺肥大の人が服用すると症状を悪化させる可能性があります。

このように強精剤で男性ホルモンを補充する時は、副作用に注意をしなければなりませんが、性欲を強くしたり、勃起不全や早漏の改善などに、十分に効果を発揮してくれる精力剤です。

強状剤( 漢方系滋養強壮剤)

強状剤とは、強精剤や勃起剤と違い副作用の心配がありません。成分としては、動植物などの自然生薬で、身体に必要な栄養素や身体の機能をより高めるものが豊富に含まれています。

この強状剤を飲むことによって、直接的に性機能に作用するものではなく、滋養強壮や疲労回復の効果により、人間の自然治癒力を生かし、精力を増強するものです。

勃起剤(主にヨヒンビン製剤)

勃起中枢興奮剤とは、あの有名なバイアグラです。勃起することに対し、ブレーキをかけている自律神経の働きを改善し、さらに「塩酸ヨヒンビン」や「硝酸ストリキニーネ」という物質によって直接勃起中枢に働きかけることによって勃起を促す精力剤です。

勃起中枢興奮剤は勃起させる効果は高いのですが、その効果は一時的なものです。服用することによって、精力が増強するわけではありません。

しかし、ここぞという時には絶大な効果を期待できるので、「どうしてもセックスをしなければならない」、「どうしてもセックスがしたい」といった時に服用するのが良いでしょう。

-基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大人の青汁シトルリン桑抹茶の効果はどうなの? 使ってみた感想。

大人の青汁シトルリン桑抹茶を使い始めた理由ですが、38歳にして独身の自分も、そろそろ身を固めたいと思ったのが理由です。 普通は、なぜ結婚したいから大人の青汁を? と思われるかも知れませんが、実は切実な …

no image

精力成分を含む日常の食材

精力をつけるためには、精力剤を服用することが手軽で最も効果的ですが、日常の食生活からでも十分に精力をつけることができます。精力がつく食材と言えば「にんにく」や「うなぎ」などが良く知られていますが、それ …

no image

精力剤の副作用

精力剤には、勃起力を向上させたり、射精を遅らせたり、精力向上などの効果があります。それぞれの症状によって服用する精力剤は異なりますので、自分が今何を求めているのかを明確にした上で、どの精力剤を購入する …

no image

精力剤とは

30年、40年と歳を重ねるごとに人間の精力は減退していきます。学生時代の友人達と集まることがあれば、必ずと言っていいほど下半身の話題になります。「若い頃は1日3回でもイクことができた」「昔は毎日でもセ …

no image

精力剤に含まれる成分

精力増強や勃起力向上などの効果を期待出来る精力剤。その精力剤には様々な有効成分が配合されています。その成分を大きく分けると医薬成分と栄養機能食品の2種類に分類されています。医薬成分は性機能障害を効果的 …